Reuters logo
独メルケル与党公約、2025年までに最大雇用
2017年7月3日 / 19:48 / 5ヶ月後

独メルケル与党公約、2025年までに最大雇用

[ベルリン 3日 ロイター] - ドイツのメルケル首相が率いる保守系与党のキリスト教民主・社会同盟(CDU・CSU)は3日、9月24日の総選挙に向けたマニフェスト(政権公約)を発表し、2025年までに警察官の増員や住宅建設の拡大、最大雇用を目指すとした。

メルケル首相は同選挙で4期続投を狙う。

欧州最大の経済国であるドイツは、経済が底堅く伸びている。これを糧に総選挙後は減税も実施する意向だ。

世論調査によると、CDU・CSUの支持率は約40%と、最大のライバルとなる第2党のドイツ社会民主党(SPD)を16%ポイント引き離している。ただ議席の過半数に届くためには3党連立政権を組む必要がある。現在CDU・CSUはSPDと連立を組んでいる。

マニフェストでは新たに最大雇用を盛り込んだ。最大雇用は3%未満の失業率と定義している。

メルケル首相はCSUのゼーホーファー党首と共に記者会見を開き「われわれはこれを達成できると思う」と述べた。「全員の繁栄と安心」を追求するに当たり、雇用が中心的な役割を果たすと付け加えた。

失業率は現在、ドイツ統一後以来の低水準となる5.5%だ。3%の水準は1970年代半ばにみられた「経済の奇跡」以来達成していない。

CDU・CSUはドイツ連邦共和国の16の州に1万5000人の警察官を増員するほか、150万件の住宅建設、ブロードバンド・ネットワークの拡大を実施する意向だ。

外交政策では、トルコの欧州連合(EU)加盟を拒否するほか、アフリカに対する「マーシャル・プラン」的な支援対策を掲げた。また、開発支援の支出を防衛費と同等の額に増やすとした。

またユーロ圏の統合強化に向けてフランスの新政権と協力する準備ができていると述べた。ただ債務の相互化には反対の立場を示した。

ユーロ圏の金融安定網である欧州安定メカニズム(ESM)を発展させ、これが将来的に金融危機でより大きな役割を果たす可能性にも触れた。同基金が単独で救済基盤の役割を果たすかもしれないとした。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below