for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ドイツ総選挙、保守連合が支持率で社民党との差縮める=世論調査

[ベルリン/シュトラールズント(ドイツ) 21日 ロイター] - ドイツ連邦議会選挙(総選挙)を26日に控え、調査機関フォルサがRTLテレビ/n─TVの委託で行った世論調査(21日発表)によると、支持率は中道左派の社会民主党(SPD)が横ばいの25%となる一方、メルケル首相所属の保守連合、キリスト教民主・社会同盟(CDU・CSU)が1ポイント上昇の22%となり、差が縮まった。

 9月21日、ドイツ連邦議会選挙(総選挙)を26日に控え、調査機関フォルサがRTLテレビ/n─TVの委託で行った世論調査(21日発表)によると、支持率は中道左派の社会民主党(SPD)が横ばいの25%となる一方、メルケル首相所属の保守連合、キリスト教民主・社会同盟(CDU・CSU)が1ポイント上昇の22%となり、差が縮まった。写真はCDUのリーダーの選挙で演説するメルケル独首相。ドイツのシュトラールズントで撮影(2021年 ロイター/Fabian Bimmer)

その他政党の支持率はいずれも変わらず、緑の党が17%、企業寄りの自由民主党(FDP)が11%、極右「ドイツのための選択肢(AfD)」は11%、反資本主義の左派党(リンケ)は6%だった。

フォルサは次期下院でSPDが206議席、CDU・CSUが185議席、緑の党が140議席、FDPとAfDがそれぞれ91議席、左派党が49議席を占めると予測。これによると、選挙後には下記の4つの連立選択肢の可能性が強まることになる。

各党の色にちなみ、

(1)「赤(SPD)─緑(緑の党)─黄(FDP)」の「信号(緑は日本の青信号に当たる)」連立政権。

(2)「黒(CDU・CSU)─緑(緑の党)─黄(FDP)」の「ジャマイカ(国旗が緑黄黒の3色)」連立政権。

(3)「赤(SPD)─緑(緑の党)─左派党(赤)」の「R2G(red-green-red、赤2党と緑)」連立政権。

または、

(4)SPDが主導する保守連合との大連立。

全政党はAfDとの協力の可能性を排除している。

また、SPDの次期首相候補であるショルツ氏と緑の党はこれまで、CDU・CSUは16年間に及ぶメルケル首相の下でのコンセンサスに基づく中道派統治を受けて野党の立場で自らを再構築する必要があると述べ、保守連合との連立構想に冷や水を浴びせている。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up