Reuters logo
ショイブレ氏にメルケル氏謝意、連立候補が財務相ポスト要求
2017年9月18日 / 14:44 / 1ヶ月後

ショイブレ氏にメルケル氏謝意、連立候補が財務相ポスト要求

[ベルリン 18日 ロイター] - ドイツ連邦議会選挙を24日に控え、次期連立政権入りが取りざたされる自由民主党(FDP)は18日、連立入りの条件として財務相ポストを要求した。

現職のショイブレ氏は同日、75歳の誕生日会に臨んだ。メルケル首相も出席し、ショイブレ氏に謝意を表明した。続投させるかについては、ほとんど手掛かりを示さなかった。

ショイブレ氏についてメルケル氏は、欧州人でドイツ統合の戦士、熱心な議会人、あわただしい状況でも冷静さを忘れず、知的な強靭さを持つ人物と敬意を表した。

メルケル氏はショイブレ氏に、家族と過ごす時間を持って、新たな物事に挑戦するよう提案した。

ナチへの反対で知られる、ドイツの神学者、ディートリッヒ・ボンヘッファー氏の全集を贈り、「幸運を祈る。(自身が率いる)キリスト教民主同盟(CDU)、私個人としては、親愛なるヴォルフガング・ショイブレさん、心からどうもありがとうと言いたい」と述べた。

ショイブレ氏は、英国の欧州連合(EU)離脱決定を「ナンセンス」と指摘、東西諸国の分裂が進めば、「破滅的状況」を招くと危機感を示した。

英国国民は現時点で、EU離脱決定に不満を抱いているのではないかとの認識も示した。

「仮に欧州全体が結束し続ける場合にのみ、輝かしい未来が迎えられると歴史が示している。この点を明確にしておきたい」と語った。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below