for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ドイツ自動車業界、EV移行で7.5万人雇用喪失の可能性

 6月5日、ドイツの労働組合と自動車業界が委託した調査によると、電気自動車(EV)への移行により、エンジン・変速機の製造で7万5000人の雇用が失われるリスクがある。写真は自動車組立工場で働く従業員。1月にシュツットガルトで撮影(2018年 ロイター/Ralph Orlowski)

[フランクフルト 5日 ロイター] - ドイツの労働組合と自動車業界が委託した調査によると、電気自動車(EV)への移行により、エンジン・変速機の製造で7万5000人の雇用が失われるリスクがある。

調査を実施したフラウンホーファー産業工学研究所によると、ドイツの雇用に自動車業界が占めるのは84万人で、このうち21万人はパワートレイン生産に関わっている。

ドイツの金属産業労組(IGメタル)は、電気自動車の展開で新たな雇用は一部創出されるものの、組み立て作業は減少すると述べた。

IGメタルのトップ、イェルク・ホフマン氏は「政治家と業界は、こうした移行に対応するための戦略を練る必要がある」と指摘。企業は新たな技術に関連した雇用訓練を行い、政治家は包括的な産業・雇用政策を策定する必要があると述べた。

調査はダイムラーDAIGn.DE、BMWBMWG.DE、フォルクスワーゲン(VW)VOWG_p.DE、自動車部品のボッシュ[ROBG.UL]、ZF[ZFF.UL]、シェフラーSHA_p.DEが提供したデータを使用して行われた。

7万5000人の雇用がリスクにさらされるとの見方は、2030年までに自動車全体のうち25%が電気自動車、15%がハイブリッド車、60%がガソリン・ディーゼル車となるという推計に基づくもの。IGメタルは、電気自動車の採用がさらに加速した場合は10万人の雇用がリスクにさらされる可能性があると指摘した。

*カテゴリーを変更しました。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up