Reuters logo
独エンジニアリング業界、来年も小幅成長 米中不透明で=業界団体
2016年12月13日 / 12:47 / 1年後

独エンジニアリング業界、来年も小幅成長 米中不透明で=業界団体

[フランクフルト 13日 ロイター] - ドイツ機械装置産業連盟(VDMA)は13日、2017年の業界の成長が小幅にとどまるとの見方を示した。ロシアやインドへの輸出の回復が見込まれる一方、米国や中国をめぐる不透明感が重しとなる見通しだ。

VDMAプレジデントのウェルカー氏は「広範囲にわたる景気回復とは異なった様相になる。成長への真の弾みは見当たらない」とし、業界の生産が今年は横ばい、来年は1%増にとどまるとの見方をあらためて示した。

同氏は、来年1月のトランプ政権誕生後、米国がどのような道をたどるか不透明だとし、「次期大統領の発言は楽観的に受け止められない」と述べた。

VDMAは中国についても過剰設備や債務問題など依然として多くのリスクがあると指摘し、対中輸出が引き続き減少するリスクを排除できないとした。

今年1─9月の対米輸出は2.4%減少、対中輸出は11.5%落ち込んだ。

一方、ロシアへの輸出は7.3%減少したが、来年は小幅な増加に転じる可能性があると予想。来年はブラジルの需要が底入れし、インドの需要も回復する可能性があるとの見方を示した。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below