for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ドイツの天然ガス輸入量、1─3月は22%減 輸入額は急増

[フランクフルト 30日 ロイター] - ドイツ連邦経済・輸出管理庁(BAFA)が30日公表したデータによると、第1・四半期の天然ガス輸入量は前年同期から22.2%減少したが、価格の急騰を反映して輸入額は158%増えた。

2月24日以降のロシアによるウクライナ軍事侵攻や欧州連合(EU)の対ロシア制裁の影響がデータに初めて反映された。

ドイツは主にロシア、ノルウェー、オランダ、英国、デンマークからパイプライン経由で天然ガスを輸入している。

1─3月の輸入量は113万8203テラジュール(TJ、324億立方メートル)に減少した一方、輸入額は160億ユーロ(173億ドル)に膨らんだ。冬季にガス在庫が乏しくなる中、価格が過去最高水準に高騰したことが背景にある。

輸入天然ガスの平均代金は1─3月に前年同期から229%急騰し、1TJ当たり1万4029.01ユーロとなった。3月単月では1万4756.39ユーロで、1キロワット時換算で0.0531ユーロだった。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up