November 6, 2019 / 2:25 AM / 15 days ago

独政府の経済諮問機関、20年成長率予想を下方修正=独紙

 独政府の経済政策諮問機関が2020年の経済成長率見通しを0.9%に引き下げた。独紙フランクフルター・アルゲマイネが11月5日に報じた。写真は欧州中央銀行(ECB)本部。8月13日、ドイツのフランクフルトで撮影(2019年 ロイター/Kai Pfaffenbach)

[ベルリン 5日 ロイター] - 独政府の経済政策諮問機関が2020年の経済成長率見通しを0.9%に引き下げた。政府の10月時点の予想を1%ポイント下回る水準。独紙フランクフルター・アルゲマイネが5日に報じた。

報道によると、諮問機関は今年の成長率は0.5%と予想している。6日に政府に提言書を提出する予定だという。

提言書で経済学者5人から成る諮問機関は、最近の景気鈍化を一時的なものとみなしており、「広範で根深いリセッション(景気後退)」は想定していないと指摘。ただ、新規借り入れをせずに財政収支を均衡化するという独政府の「黒いゼロ」方針には警戒感を示したという。

「黒いゼロのような公約は循環的な景気過熱の状況下では道理に合うが、財政均衡を堅持すれば、結果として問題含みの景気循環増幅効果が表われるリスクがある」と警告した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below