for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

第1四半期の独GDP改定値、前期比+0.2% 戦争・コロナ下でも成長

[ベルリン 25日 ロイター] - ドイツ連邦統計庁が25日発表した第1・四半期の国内総生産(GDP)改定値は季節調整済みの前期比0.2%増、前年比3.8%増でロイター調査の予想とほぼ一致した。

 5月25日、ドイツ連邦統計庁が発表した第1・四半期のGDP改定値は季節調整済みの前期比0.2%増、前年比3.8%増でロイター調査の予想とほぼ一致した。写真はフランクフルトで2020年10月撮影(2022年 ロイター/Kai Pfaffenbach)

ウクライナでの戦争や新型コロナウイルス流行に伴うドイツ経済への悪影響にもかかわらず、プラス成長を記録した。

ロイター調査では前期比0.2%増、前年比3.7%増と予想されていた。

昨年第4・四半期のGDPは前期比0.3%減少しており、2期連続のマイナス成長となれば、リセッション(景気後退)に該当していたが、第1・四半期はプラス成長となったため、リセッション入りは回避された。

第1・四半期は家計と政府の支出は前四半期とおおむね同水準で、輸出は減少。一方で、投資が経済を後押しした。

好天に恵まれ、価格上昇にもかかわらず、建設投資は前期比4.6%増加。機械・設備投資も2.5%増えた。

ドイツ政府は今春、ウクライナ戦争の影響を理由に、今年の経済成長率見通しを従来予想の3.6%から2.2%へ引き下げた。

マクロ経済政策研究所のディレクター、セバスチャン・ドゥリエン氏は、第2・四半期はウクライナ戦争と中国の新型コロナ規制の影響がはるかに大きくなると予想。

INGのエコノミスト、カルステン・ブルゼスキ氏は、第2・四半期が小幅なマイナス成長になるとの基本シナリオを据え置き、「伝統的な先行指標では楽観論が示されているが、第1・四半期の在庫の積み上がりと消費低迷、非常に弱い消費者信頼感を踏まえると、そうした楽観論は明らかに後退する」と述べた。

*カテゴリーを追加して再送します。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up