May 23, 2019 / 8:10 AM / a month ago

第1四半期の独GDP改定値、前期比+0.4% 家計支出や建設が寄与

 5月23日、ドイツ連邦統計庁が発表した第1・四半期の国内総生産(GDP)改定値は前期比0.4%増だった。速報値から改定はなかった。写真はフランクフルトで2013年9月撮影(2019年 ロイター/Kai Pfaffenbach)

[ベルリン 23日 ロイター] - ドイツ連邦統計庁が発表した第1・四半期の国内総生産(GDP)改定値は前期比0.4%増だった。速報値から改定はなかった。

家計支出や建設が寄与した。輸出も予想以上に底堅かった。

民間消費は1.2%増と、2011年以降で最大の増加。GDP伸び率への寄与度は0.6%ポイントだった。

建設投資は1.9%増。寄与度は0.2%ポイントだった。

貿易摩擦や事業の先行き不透明感にもかかわらず、輸出が輸入を上回るペースで増加。純輸出の寄与度は0.2%ポイントだった。

ドイツ経済は昨年第3・四半期に0.2%のマイナス成長を記録。昨年第4・四半期はゼロ成長で、辛うじて景気後退を免れた。

ただ、貿易摩擦や英国の欧州連合(EU)離脱を巡る事業の先行き不透明感を背景に、ドイツ経済の見通しは依然として芳しくない。

ドイツ政府は今年の経済成長率予測を0.5%に下方修正している。

*内容を追加しました。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below