January 15, 2020 / 9:46 AM / 6 days ago

ドイツGDP、19年は0.6%と6年ぶり低成長 貿易摩擦が直撃

[ベルリン 15日 ロイター] - ドイツ連邦統計庁は15日、2019年の国内総生産(GDP)が0.6%増加したと発表した。貿易摩擦や外需の低迷が響き、成長率は18年の1.5%から大幅に減速し、2013年以来6年ぶりの低成長にとどまった。

ドイツ連邦統計庁は15日、2019年の国内総生産(GDP)が0.6%増加したと発表した。フランクフルトで7日撮影(2020年 ロイター/KAI PFAFFENBACH)

ロイターがまとめたエコノミストの予想も0.6%増だった。

統計担当のアルベルト・ブラークマン氏は「(2019年で)10年連続のプラス成長となった。これは東西統一以来、最長だ」と述べた。

ただ、デカ・バンクのアナリスト、アンドレアス・ショイエレ氏は、2019年のドイツ経済は、貿易摩擦と英国の欧州連合(EU)離脱を巡る不透明感に圧迫され格別弱い状態で終わったと指摘。「個人消費と財政支出、建設という内需の支えがなければ、景気後退に陥っていただろう」と述べた。

ブルックス・マクドナルドの投資ストラテジスト、マシュー・キャディー氏は統計について、域内の成長懸念を鎮めるほど強くないし、政府に大型財政出動を決断させるほど弱くもないと指摘。「金融・財政政策の協調を目指すラガルド欧州中央銀行(ECB)総裁はさぞ気をもむことだろう」と語った。

地方政府、社会保障制度を含めた公的部門財政収支は498億ユーロ(554億ドル)の黒字で、GDP比1.5%。黒字幅は18年(624億ユーロ、1.9%)から縮小した。

輸出は0.9%増、輸入は1.9%増でともに18年(2.1%増、3.6%増)から伸びが鈍化。正味では貿易がGDPを0.4%ポイント下押しした。

輸出を主力とするドイツ製造業は、外需の低迷で打撃を受けた。自動車業界は、新燃費基準や電動化への対応も負担となった。

GDPのおよそ4分の1を占める製造業生産は3.6%減少。統計庁によると「自動車の生産低迷が主因」。

1─11月の自動車生産は11.4%減少したとしている。

*内容を追加しました。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below