December 18, 2019 / 1:27 AM / a month ago

独連立政権、ファーウェイの5G参入巡る決定先送り

 12月18日、ドイツの連立政権を構成するメルケル首相の与党、キリスト教民主・社会同盟(CDU・CSU)と社会民主党(SPD)は、中国通信機器大手・華為技術(ファーウェイ)の排除につながる可能性のある次世代通信規格「5G」ネットワークのセキュリティー規定に関する決定を来年まで先送りした。写真は9月5日、ベルリンで開かれた家電見本市で撮影(2019年 ロイター/Hannibal Hanschke)

[ベルリン 17日 ロイター] - ドイツの連立政権を構成するメルケル首相の与党、キリスト教民主・社会同盟(CDU・CSU)と社会民主党(SPD)は、中国通信機器大手・華為技術(ファーウェイ)[HWT.UL]の排除につながる可能性のある次世代通信規格「5G」ネットワークのセキュリティー規定に関する決定を来年まで先送りした。

5Gのセキュリティー規定を巡っては、連立政権内で意見が分かれている。

米国が5Gからのファーウェイを排除するよう各国への圧力を強めるなか、メルケル政権は、特定の国や通信機器メーカーを排除することなく各メーカーの技術認証やセキュリティー基準を厳格にする方針を示している。

SPDの議員は17日、ファーウェイ排除につながる可能性のある党内案を支持するとした。一方で、この問題でCDU・CSUと同じ立場を取ることを目指すとの見解も示した。

SPDのJens Zimmermann議員は「1月に解決する」との見通しを示した。

この問題を巡ってはCDU・CSU内でも意見がまとまっていない。メルケル氏の慎重な姿勢に反対する向きは、憲法上の監視体制がない国の企業排除を明記するというSPDの「より厳格な」基準を支持している。

一方で、メルケル氏との対立を回避したい向きは、ネットワークの中核部分だけに厳格なセキュリティー基準を適用すべきだと主張している。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below