March 22, 2018 / 9:40 AM / 4 months ago

独IFO業況指数、3月は11カ月ぶり低水準 保護主義巡る懸念が重し

[ベルリン 22日 ロイター] - ドイツのIFO経済研究所が発表した3月の業況指数は114.7となり、前月の115.4から低下した。保護主義台頭の脅威に対する懸念が高まっていることが背景とみられる。

低下は2カ月連続で11カ月ぶり低水準。ロイター調査によるエコノミスト予想は114.8だった。

IFOのクレメンス・フュースト所長は、「保護貿易主義の恐れが国内経済の状況を圧迫している」と述べた。

調査は約7000社を対象に実施した。

今回の調査では現況指数は125.9と高水準を維持したものの、予想の125.7に届かなかった。期待指数は104.4と、予想と一致した。

IFOのエコノミスト、クラウス・ボールラーベ氏は輸出の見通しが約1年ぶりの低水準に落ち込んでいると指摘。「保護主義を巡る論議の影響が出ている」との見方を示した。

ただ、ウニクレディトのエコノミスト、アンドレアス・リース氏は、米国の通商政策により先行き不透明感が高まっているとしながらも、「ドイツ経済はピークを過ぎた可能性があるが、それでもこの先数カ月は堅調な成長が見られると予想している」と述べた。

IFOの調査では、部門別では小売業と製造業が主な重しとなった。一方、建設業は改善した。

IFOは独経済成長率について、今年は2.6%、来年は2.1%とし、昨年12月時点の予想を維持した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below