June 14, 2018 / 2:06 AM / 7 days ago

独首相、移民問題でEUの結束訴える

[ベルリン 13日 ロイター] - ドイツのメルケル首相は13日、欧州連合(EU)は移民問題に対し、加盟各国の国益を考慮に入れて結束して対応する必要があるとの見方を示した。

 6月13日、ドイツのメルケル首相は、欧州連合(EU)は移民問題に対し、加盟各国の国益を考慮に入れて結束して対応する必要があるとの見方を示した。会見する同首相。ベルリンで撮影(2018年 ロイター/Michele Tantussi)

難民救助船の受け入れを拒否し一部加盟国に批判されているイタリアについては、他のEU諸国から十分な支援を受けていないと考えているようだとの認識を示した。フランスのマクロン大統領は、イタリアの難民救助船拒否は「現実に目を背けた無責任な」行動だったと批判している。

メルケル首相は記者団に、どの加盟国も一国主義的な行動を取ってはならないと警告し、EUが結束して取り組む必要性を訴えた。「ドイツも一国主義的な行動は控え、秩序正しく、他国との合意に基づき物事を進める必要がある。そうすることで欧州が連携して取り組むことができる」と語った。

同首相は2015年に寛容な難民政策を打ち出したが、それにより極右政党「ドイツのための選択肢(AfD)」の支持率が高まり、首相率いるキリスト教民主・社会同盟(CDU・CSU)内に亀裂が生じた。

CSUのゼーホーファー党首はこの日、移民・安全保障政策について、右派政党が連立政権を担うオーストリアやイタリアに歩調を合わせるよう呼び掛けた。

同党首とともに会見したオーストリアのクルツ首相は、欧州は「不法移民に対抗する有志国の枢軸」が必要だと述べた。

CDUのクランプカレンバウアー幹事長は独テレビ局ZDFに対し、EU加盟国の「枢軸」は、他国で登録された移民を拒否するために合意を結ぶ可能性があるとの懸念を示した。

メルケル首相は、EUが「非常にもろい状態」にあり移民は大きな課題になっていると指摘した上で、「欧州は結束すべき」と語った。イタリアは、移民を数多く受け入れたのにもかかわらず他の加盟国が十分に連携していないことを懸念していると指摘し、移民問題はEUの統合深化への「試金石」になると強調した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below