for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

独鉱工業受注、9月は前月比+0.5%に鈍化 ユーロ圏からの受注減

[ベルリン 5日 ロイター] - ドイツ連邦統計庁が発表した9月の鉱工業受注指数は、前月比0.5%上昇した。上昇率は8月から鈍化し、アナリスト予想の2%に届かなかった。国内および非ユーロ圏からの受注が拡大する一方、ユーロ圏からの受注が6%減った。

新型コロナウイルスの感染拡大を抑制するために導入されたロックダウン(都市封鎖)の解除を受けた景気回復を反映し、8月の鉱工業受注指数は前月比4.9%上昇していた(改定値)。

9月は国内受注が前月比2.3%増、非ユーロ圏の受注は2.7%増加した。

経済省は、鉱工業受注指数が5カ月連続でプラスになったことについて、前向きなシグナルと強調。「ロックダウン解除を受けた力強い回復のあと、鉱工業は危機からの脱却に向けて闘い続けている」とした。

同省によると、第3・四半期の鉱工業受注指数は前期比29.1%上昇。国内受注は15.5%増、ユーロ圏からの受注は41.0%増、非ユーロ圏の受注は40.4%増だった。

*内容を追加しました。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up