September 25, 2018 / 7:10 AM / 24 days ago

ドイツ産業連盟、今年の経済成長率・輸出見通しを下方修正

[ベルリン 25日 ロイター] - ドイツ産業連盟(BDI)は25日、2018年の国内経済成長率の見通しを引き下げたと発表した。事業を巡る先行き不透明感やトランプ米大統領の通商政策を受け、ドイツ製品への需要が低下したと指摘した。

BDIのディーター・ケンプ会長は放送局DLFに対し、2018年の成長率が2.0%になると予想していると述べた。従来の見通しは2.25%だった。

輸出の伸びの見通しは実質ベースで3.5%とし、従来の5%から下方修正した。

ケンプ氏は「米中貿易摩擦の激化は当然ながら、欧州、特に輸出に大きく依存するドイツの産業に打撃を与える」と述べた。

また、現時点では貿易摩擦はドイツ企業に大きな影響を及ぼしていないものの、深刻な不透明感をもたらしていると語った。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below