for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

独CPI、増税で年内にECB目標上回る水準に上昇へ=連銀総裁

 2月12日、ドイツ連銀のワイトマン総裁は、独インフレ率について、増税により年内に欧州中央銀行(ECB)が目標とする「前年比プラス2%未満かつその近辺」を超過するとの見通しを示した。写真はミュンヘンで5日撮影(2021年 ロイター/Michaela Rehle)

[ベルリン 12日 ロイター] - ドイツ連銀のワイトマン総裁は12日、独インフレ率について、増税により年内に欧州中央銀行(ECB)が目標とする「前年比プラス2%未満かつその近辺」を超過するとの見通しを示した。独アウクスブルガー・アルゲマイネ紙のインタビューに答えた。

同総裁は、昨年末に付加価値税(VAT)の軽減措置が失効した一方、1月1日から炭素税が導入された点を指摘。「現時点の見通しでは、欧州連合(EU)基準の独消費者物価指数(HICP)は年内に3%超に上昇する。インフレ率がいつまでも、昨年のような低水準にとどまっていないことは明白だ」と述べた。

1月の独HICP改定値は前年比1.6%上昇した。昨年12月は0.7%低下だった。

アナリストは、昨年11月から実施されているロックダウン(都市封鎖)が解除されれば、物価は上昇すると見込んでいる。

同総裁は「物価が上昇するとみられる場合、金融政策は引き締められるべきだろう。ただ、現時点では新型コロナ危機に対処するため、さらに拡張的となった」と述べた。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up