November 28, 2019 / 9:58 PM / 16 days ago

ドイツ、AIやロボットなども外資規制強化へ 中国の投資念頭か

 28日、ドイツは人工知能(AI)やロボット工学などの分野でも外資規制の強化に乗り出すことが分かった。写真はベルリンで2017年11月撮影(2019年 ロイター/Hannibal Hanschke)

[ベルリン 28日 ロイター] - ドイツは人工知能(AI)やロボット工学などの分野でも外資規制の強化に乗り出すことが分かった。中国からの投資が念頭にあるとみられる。この規制案は新産業戦略の一環としてアルトマイヤー経済相が29日発表する予定だ。

具体的には、規制対象をAIやロボット工学のほか、半導体、生命工学、量子技術の分野に拡大し、当該分野で外資が10%以上の出資を行う場合、情報公開やドイツ政府による審査が義務付けられる。従来の審査対象はエネルギー、水資源、通信、防衛などにとどまっていた。

ロイターが入手した文書によると「経済省は、基幹技術の審査範囲の拡大や目録の定義など、関連法の改正作業に取り組んできた。特に外資が国の安全保障に関わる場合、政府が一層慎重に審査できる環境整備が求められる」とした。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below