Reuters logo
独首相、欧州銀行監督機構の独移転を支持 
2017年6月1日 / 02:14 / 6ヶ月前

独首相、欧州銀行監督機構の独移転を支持 

[ベルリン 31日 ロイター] - ドイツのメルケル首相は31日、ドイツ政府は英国の欧州連合(EU)離脱に伴い、現在ロンドンにある欧州銀行監督機構(EBA)をフランクフルトに迎える資格があると考えていると明らかにした。ベルリンで開かれた銀行業界の会合で語った。

 5月31日、ドイツのメルケル首相は、英国の欧州連合(EU)離脱に伴い、現在ロンドンにある欧州銀行監督機構(EBA)をフランクフルトに迎える資格があると考えていると明らかにした。写真はベルリンで31日撮影(2017年 ロイター/Hannibal Hanschke)

首相はその上で、英のEU離脱(ブレグジット)交渉における自身の優先課題はブレグジット後に英国に留まるEU市民とEU域内に留まる英国人の権利保護にあると述べた。

首相は「英国はパートナーであり、英国は友人だ」とする一方、離脱手続きは「長く複雑なもの」になるとの見方を強調。年間25万匹に上る犬や猫の健康診断書や休暇保険の取り扱い、医療費移管、消費者保護の手続きなど、ブレグジットで浮上する多様な課題を挙げた。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below