July 10, 2019 / 3:11 PM / 2 months ago

ドイツ首相が公務中に震え、1カ月で3回目 健康不安高まる可能性

[ベルリン 10日 ロイター] - ドイツのメルケル首相(64)が10日、屋外で行われた式典に出席中、体を震わせる症状を見せた。同様の症状が発生したのはここ1カ月で3回目で、健康状態への不安が高まる可能性がある。

ロイターTVの映像によると、メルケル首相はフィンランドのリンネ首相を歓迎する式典で、起立中に体を震わせ、具合が良くない様子を見せた。

その後、メルケル首相は記者会見で「体調は良い。心配はない」と語った。

同首相は先月18日、ウクライナのゼレンスキー大統領の歓迎式典に出席した際、全身を震わせる症状を見せた。その後27日にも、シュタインマイヤー独大統領との公務中に同様の症状を見せた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below