March 18, 2019 / 6:01 AM / a month ago

ベルリンのホッキョクグマ赤ちゃん、18日に一般公開へ

[ベルリン 15日 ロイター] - ドイツ・ベルリンのティアパーク動物園で誕生したホッキョクグマの赤ちゃんが15日、初めて動物舎から出てプールで母親と泳いだ。

赤ちゃんクマは昨年12月1日に誕生。これまでは、母親「トンジャ」と一緒に暗い動物舎の中で暮らしていた。ホッキョクグマは誕生直後は目が見えず耳も聞こえないため、親による集中的なケアが必要。

飼育員によると「母子の絆は非常に強い」といい、「トンジャはとても良い母親で、赤ちゃんから決して目を離さない。文句のつけようがない」という。

赤ちゃんクマの名前はまだ決まっていない。一般公開は18日からの予定だ。

ベルリンにあるもう一つの動物園、ベルリン動物園には世界中で人気を呼んだホッキョクグマの「クヌート」がいたが、2011年に4歳で急死した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below