July 6, 2018 / 12:07 PM / 12 days ago

貿易巡る懸念、慎重な財政政策策定を正当化=独財務相

[ベルリン 6日 ロイター] - ドイツのショルツ財務相は6日、財政政策は制約的な通商政策が税収に打撃を与える可能性を念頭に置きつつ策定すべきだと述べ、今年度の均衡予算計画を擁護した。

ショルツ氏は会見で「貿易を巡る状況に目を向ければ、予算計画に慎重を期すことは正当化できる」と述べた。

また、米国とそのパートナー国・地域との貿易摩擦の深刻化は米国経済に打撃を与えることになると指摘。

中国や欧州連合(EU)などに対し追加関税を課すというトランプ米大統領の決定について「自らを傷つける危険性が、他を傷つけることより高い」と語った。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below