Reuters logo
独連立協議の決裂、仏にとって有益でない=マクロン大統領
2017年11月21日 / 02:15 / 22日前

独連立協議の決裂、仏にとって有益でない=マクロン大統領

[パリ 20日 ロイター] - フランスのマクロン大統領は20日、ドイツのメルケル首相と19日夜に電話で会談したことを明らかにし、独連立協議の決裂はフランスにとって有益ではないとの認識を示した。

記者団に対し語った。

また、仏大統領府当局者は20日、強く安定したドイツが欧州を前進させることをフランスは望んでいるとし、ドイツの現政権と引き続き協力する考えを示した。

この当局者は「ドイツのためにも欧州のためにも、われわれは主要なパートナーであるドイツが強く安定し、ともに前進することを望む」と述べた。

その上で「ドイツとともに実現する野心的な欧州プロジェクトに向けてフランスが提案を行い、主導権をとり、取り組んでいく必要性がいっそう強まる」との見方を示した。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below