October 28, 2018 / 10:02 PM / 24 days ago

独ヘッセン州議会選、与党が議席大きく減らす 第1党は維持

[ベルリン 28日 ロイター] - ドイツ西部のヘッセン州で28日行われた州議会選挙で、メルケル首相率いるキリスト教民主同盟(CDU)が議席を大きく減らす見通しとなった。

ZDFが伝えた暫定結果に基づく予想によると、CDUは第1党の座は維持するものの、得票率は27.2%と前回2013年に勝利した際の38.3%から大幅に落ち込む。

国政でCDUと大連立を組む中道左派・社会民主党(SPD)の結果はさらに悪く、得票率は19.6%と30.7%から低下し、1946年以来の最悪な結果となる。

緑の党はSPDと同じ19.6%の票を獲得した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below