December 21, 2017 / 12:00 AM / 9 months ago

独2大政党、「大連立」継続を協議へ 1月7日から予備折衝

[20日 ロイター] - ドイツのメルケル首相率いるキリスト教民主・社会同盟(CDU・CSU)と社会民主党(SPD)は20日、連立政権樹立に向けた予備折衝を1月7日に開始すると発表した。

 12月20日、ドイツのメルケル首相率いるキリスト教民主・社会同盟と社会民主党は、連立政権樹立に向けた予備折衝を1月7日に開始すると発表した。協議に向かうメルケル首相、ベルリンで13日撮影(2017年 ロイター/Axel Schmidt)

両党が過去4年間組んできた大連立を継続させる可能性が高まった。

両党の指導部は非公式協議を実施した後、「互いを信頼する雰囲気のなかで良い話し合いが行われた」との声明を出した。予備折衝は1月7日から4日間実施し、1月12日までに正式な連立協議を開始するかどうかを決める見通し。

9月の総選挙後の政治空白は87日間続いており、選挙から政権発足まで要した期間として戦後最長だった2013年の86日間を既に超過している。

両党は予備折衝について、教育、福祉国家、雇用関連法を含む15の分野について具体的な政策を話し合うとした。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below