August 3, 2018 / 1:21 AM / 17 days ago

独首相の保守連合、支持率が過去最低に 極右は最高=世論調査

[ベルリン 2日 ロイター] - ドイツのメルケル首相率いるキリスト教民主・社会同盟(CDU・CSU)の支持率が過去最低に落ち込んだ。難民・移民政策を巡る内部対立が痛手となった。一方、極右政党「ドイツのための選択肢(AfD)」の支持率は過去最高となった。

 8月2日、ドイツのメルケル首相率いるキリスト教民主・社会同盟(CDU・CSU)の支持率が過去最低に落ち込んだ。難民・移民政策を巡る内部対立が痛手となった。一方、極右政党「ドイツのための選択肢(AfD)」の支持率は過去最高となった。写真はCDUの選挙用政党ポスター。昨年9月にボンで撮影(2018年 ロイター/Wolfgang Rattay)

公共放送ARDの委託でインフラテスト・ディマップが行った調査によると、CDU・CSUの支持率は29%と7月上旬から1ポイント低下し、過去最低となった。

AfDの支持率は1ポイント上昇し、過去最高の17%となった。

2017年9月の連邦議会選挙では、CDU・CSUの得票率が32.9%、AfDは12.6%だった。

CDU・CSUと大連立を組む社会民主党(SPD)の支持率は7月上旬から変わらずの18%となった。

調査では、SPDのマース外相が最も人気の高い政治家であることも明らかになり、同じくSPDのショルツ財務相が2位、メルケル首相は3位となった。

左派党の支持率は変わらずの9%、企業よりとされる自由民主党(FDP)は1ポイント低下の7%、緑の党は1ポイント上昇の15%となった。

*カテゴリーを追加します。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below