for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

独与党支持率、昨年3月以降で最低=調査

17日公表された調査機関フォルサの世論調査で、ドイツのメルケル首相が所属するキリスト教社会民主・社会同盟(CDU・CSU)の支持率が1年ぶり低水準となった。写真は、会見するCDUのラシェット党首。2021年3月15日に撮影。(2021年 ロイター/Michael Sohn/Pool via REUTERS)

[ベルリン 17日 ロイター] - 17日公表された調査機関フォルサの世論調査で、ドイツのメルケル首相が所属するキリスト教社会民主・社会同盟(CDU・CSU)の支持率が1年ぶり低水準となった。新型コロナウイルス危機に対する政府の対応への不満が強まっていることが背景にある。

最新調査では、CDU・CSUの支持率は前週から4ポイント低下の29%と、コロナ流行が始まった2020年3月以降で最低水準となった。

CDUは14日に行われた2州の議会選で大敗。今年9月の総選挙での苦戦が必至の情勢になっている。

CDUの「顔」として、4回連続で国政選挙勝利の立役者となってきたメルケル首相は任期満了に伴って引退すると表明しており、9月の総選挙にCDUはメルケル氏抜きで臨む。

最新調査では、緑の党が支持率を3ポイント伸ばし21%となったが、他の主要政党の支持率は変わらなかった。CDU・CSUの連立相手で中道左派の社会民主党(SPD)の支持率は16%。

新型コロナの感染拡大が続く中、多くのドイツ国民はコロナワクチンの供給の遅れにいら立っている。政府が今週、安全性への懸念からアストラゼネカ製ワクチンの接種中止を決めたことで、国民の怒りはさらに強まりそうだ。

*見出しの余分な文字を削除して再送します。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up