February 26, 2018 / 7:14 AM / 9 months ago

メルケル独首相、次期政権人事で政策批判の若手シュパーン氏ら起用

 2月25日、ドイツのメルケル首相は、自身が率いるキリスト教民主・社会同盟(CDU・CSU)と社会民主党(SPD)との連立政権が発足した場合にCDUから起用する6閣僚を発表し、首相の政策に批判的なイェンス・シュパーン氏(37)を保健相に充てるとした。CDUの首脳陣との会議後、会見する同首相。ベルリンで撮影(2018年 ロイター/Axel Schmidt)

[ベルリン 25日 ロイター] - ドイツのメルケル首相は、自身が率いるキリスト教民主・社会同盟(CDU・CSU)と社会民主党(SPD)との連立政権が発足した場合にCDUから起用する6閣僚を発表し、首相の政策に批判的なイェンス・シュパーン氏(37)を保健相に充てるとした。

シュパーン氏の起用は、メルケル首相がCDUの再活性化を求める声に応じたことを示唆している。

メルケル首相は6閣僚について男性と女性の数が同じだと指摘。「経験豊富な人物と新しい人物から成る、将来に焦点を当てた顔ぶれを発表することが自身の任務だった」と述べ、容易ではなかったとした。

シュパーン氏はメルケル首相の難民政策を厳しく批判してきた。2015年から財務次官を務めている。

同氏の起用に対する反応は概ねポジティブなものとなっている。CDU・CSUのカーステン・リンネマン氏はフンケ・メディアグループに対し「経験を持つ人物と、CDUの生命力を表す新たなエネルギーを持つ人物によるチームだ」と評価した。

シュパーン氏のほか、メルケル首相側近のアルトマイヤー氏が経済担当相に充てられ、フォンデアライエン国防相は留任する。ラインラント・プファルツ州のCDUトップ、ユリア・クレックナー氏は農相を務める見通し。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below