November 5, 2018 / 1:18 AM / 10 days ago

ショイブレ独下院議長、CDU次期党首に保守派メルツ氏支持=独誌

 11月2日、ドイツの与党、キリスト教民主同盟(CDU)の次期党首選びを巡り、独誌シュピーゲルは、党重鎮のショイブレ下院議長が親ビジネスの保守派フリードリヒ・メルツ氏を支持していると報じた。写真はベルリンのCDU本部前で4日撮影(2018年 ロイター/MICHELE TANTUSSI)

[ベルリン 2日 ロイター] - ドイツの与党、キリスト教民主同盟(CDU)の次期党首選びを巡り、独誌シュピーゲルは、党重鎮のショイブレ下院議長が親ビジネスの保守派フリードリヒ・メルツ氏を支持していると報じた。

財務相として欧州債務危機への対応を主導したショイブレ氏の支持は、メルツ氏にとって強力な追い風になる。

メルケル首相はCDUの党首退任後も首相としては2021年の任期満了まで務める意向だが、CDUの次期党首は首相の後任としても最有力候補となる。

12月の党首選でメルツ氏が勝利すれば、CDUは低税率を支持する親ビジネスの保守主義にシフトすることになる。

各種調査では、メルツ氏に対する有権者の支持はメルケル氏の中道路線を引き継ぐとみられるクランプカレンバウアー幹事長を上回っているもようだ。

調査会社Civeyがウェルト紙の委託で1─2日に実施した調査では、党首選に名乗りを上げた候補3人のうち、党を立て直す能力が最も高いのはメルツ氏と答えた有権者は49%に上った。クランプカレンバウアー幹事長との回答は19%、シュパーン保健相は6%にとどまった。

シュピーゲルによると、ショイブレ氏はメルケル首相が党首退任を表明した後、メルツ氏に立候補を促した。また、欧州議会の保守会派を率いるジョセフ・ダウル氏らとの会合を設定したという。

メルツ氏は米ブラックロックのドイツ子会社会長など、複数企業の非執行取締役を務める。1994年から2009年まで独議員で、院内総務を2年間務めたこともある。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below