February 19, 2018 / 12:33 AM / 7 months ago

独SPD所属市長、大半が大連立を支持=調査

[ベルリン 18日 ロイター] - 独社会民主党(SPD)所属の市長を対象に実施した調査で、メルケル首相率いるキリスト教民主・社会同盟(CDU・CSU)との大連立を支持する回答が大半を占めたことが分かった。

 2月18日、独社会民主党(SPD)所属の市長を対象に実施した調査で、メルケル首相率いるキリスト教民主・社会同盟(CDU・CSU)との大連立を支持する回答が大半を占めたことが分かった。写真は会見する同首相。16日にベルリンで撮影(2018年 ロイター/Hannibal Hanschke)

20日から始まるSPDの党員46万4000人による郵便投票で、連立合意が支持される見通しが強まった。

SPD党員が市長を務める主要35都市を対象にビルト日曜版が実施した調査によると、市長35人中26人が大連立を支持すると回答した。残りの9人のうち7人は回答を控え、2人は連絡が取れなかった。

SPD党首に就任する見通しのアンドレア・ナーレス氏は18日、党員との会合の前にロイターTVに対し「激しい議論を予想している」と述べた。その上で「良い議論をすることで何かを達成できる気がする」と語った。

党員投票は3月2日まで行われ、4日に結果が発表される。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below