for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

訂正:ベルリンでマスク着用などの規制に抗議デモ、自由を主張

 8月3日、ドイツのベルリンで1日、COVID-19(新型コロナウイルス感染症)拡大抑制のための規制は人権と自由の侵害と主張する抗議デモが展開された。写真はベルリンで1日撮影(2020年 ロイター/FABRIZIO BENSCH)

[ベルリン 1日 ロイター] - ドイツのベルリンで1日、COVID-19(新型コロナウイルス感染症)拡大抑制のための規制は人権と自由の侵害と主張する抗議デモが展開された。

警察の推定では、デモには1万7000人が参加。リバタリアン(自由至上主義者)や憲法擁護派、反ワクチン活動家らのほか、少数の極右勢力も参加した。

ある参加者は匿名で、「われわれの要求は民主主義への回帰だ。われわれを奴隷化するマスクは排除されなければならない」と述べた。

これより先、南西部の都市シュツットガルトでも類似のデモが主催された。

与党連立の社会民主党(SPD)のエスケン共同党首は、抗議参加者らを「コビディオット(COVIDばか)」と呼び、ツイッターに「この人々はわれわれの健康のみならず、感染に対する(これまでの)成功をも脅かしている」と投稿した。

ドイツは当初、感染拡大抑制に成功したが、その後感染が増加し、累計感染者は20万人超、死者は9000人超(訂正)となっている。

大半の国民は、店舗でのマスク着用などの規制を順守しているが、一部が規制に反発している。

あるデモ参加者は、「政府の指導に従う世界で数人の科学者の意見が受け入れられているにすぎない。(異なる意見を持つ人々は)黙らされ、検閲され、陰謀論支持者と疑われている」と述べた。

*英文の訂正により、3日に配信した記事で本文6段落の死者数を「約1000人」から「9000人超」に訂正します。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up