November 29, 2019 / 3:44 AM / 7 days ago

ドイツ警察、博物館の宝飾品盗難で情報提供者に6000万円の報奨金

 11月28日、ドイツの警察当局は、ドレスデンの博物館で起きた宝飾品盗難事件について、犯人確保につながる情報の提供者に50万ユーロ(約6025万円)の報奨金を与えると明らかにした。写真は盗まれた宝飾品の一つ。警察が写真提供(2019年 ロイター/Polizeidirektion Dresden)

[ベルリン 28日 ロイター] - ドイツの警察当局は28日、東部ドレスデンの博物館で起きた宝飾品の盗難事件について、犯人確保につながる情報の提供者に50万ユーロ(約6025万円)の報奨金を与えると明らかにした。

事件は25日に「緑の円天井博物館」で発生。18世紀の宝飾品少なくとも3セットが盗まれ、ドイツ最大の強盗事件の一つとされている。監視カメラの映像では、2人の男が窓から侵入し、ハンマーで展示ケースを壊すのが確認できる。警備員がすぐに通報し警察は5分後に到着したが、犯人は拘束できなかった。

多くの専門家は、盗まれた宝飾品の文化的価値は市場での価値よりも大きいと指摘。細かく分けられて売却される可能性を懸念している。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below