October 22, 2018 / 4:51 AM / 25 days ago

脱税防止へ国際的な税率の最低基準導入を、独財務相が提案

 10月21日、ドイツのショルツ財務相は、租税回避地に利益を移転する脱税行為を防ぐため、より厳しい措置を導入するとともに、法人税率の国際的な最低基準を設けることを提案した。会議に出席する同財務相。ベルリンで16日撮影(2018年 ロイター/Michele Tantussi)

[ベルリン 21日 ロイター] - ドイツのショルツ財務相は、租税回避地に利益を移転する脱税行為を防ぐため、より厳しい措置を導入するとともに、法人税率の国際的な最低基準を設けることを提案した。独紙ウェルト日曜版への寄稿の抜粋が21日公開され、明らかになった。

同相は国際的に事業展開する企業の脱税を困難にする案をフランスと共同で検討しており、そうした案について説明。「世界的な税率の最低水準を定め、いずれの国もそれ以上引き下げられないようにする必要がある」とし、この規則は租税回避地への資金移動を難しくする措置とともに導入されるべきだとの見解を示した。

ドイツとフランスは、米アマゾン・ドット・コム(AMZN.O)、アップル(AAPL.O)、グーグルのような企業について、両国の市場で稼いだ利益に見合った国内での納税を確実にする方策を模索している。ただ、欧州連合(EU)域内で税率を一本化する試みには、比較的税率の低いアイルランドなどの加盟国が強く反発している。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below