November 5, 2019 / 2:23 AM / in 17 days

独外相、5G構築で中国ファーウェイの参加に懐疑的

 11月4日、ドイツのマース外相は中国の通信機器最大手、華為技術(ファーウェイ)[HWT.UL]が、同国の第5世代移動通信システム(5G)の開発および構築に参加することに懐疑的な見方を示した。写真はドイツのデュッセルドルフにあるファーウェイのオフィス。2月18日撮影(2019年 ロイター/Wolfgang Rattay)

[ベルリン 5日 ロイター] - ドイツのマース外相は4日、中国の通信機器最大手、華為技術(ファーウェイ)[HWT.UL]が、同国の第5世代移動通信システム(5G)の開発および構築に参加することに懐疑的な見方を示した。

マース氏は記者団に対し、ファーウェイは、中国の国家安全保障法により同国に依存している企業であり、情報を同国政府に提供する義務があると指摘。そのため、これまでは主に技術的基準での評価を想定してきた5Gのセキュリティー分野において、信頼性に関するテストを追加的に導入したいと考えていると説明した。

信頼性を試すテストに関してドイツ当局は、保護されるべき情報やデータについて、その企業が自国の法律によって、渡すことを強制されているかどうかを調べるとし、「ファーウェイの場合もそうだ」と述べた。

マース氏のコメントは、ドイツ政府がファーウェイに対してより厳しい姿勢で臨み、少なくとも5Gネットワークの一部から同社を排除する可能性があることを示している。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below