for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

独GfK消費者信頼感指数、5月はー8.8、予想外の悪化

Visitors look at the latest Samsung products during the opening day of the IFA consumer electronics fair in Berlin September 6, 2013. The IFA consumer electronics and home appliances fair will open its doors to the public from September 6 till 11 in the German capital. REUTERS/Tobias Schwarz (GERMANY - Tags: SCIENCE TECHNOLOGY ENTERTAINMENT BUSINESS)

[ベルリン 28日 ロイター] - ドイツの市場調査グループGfKが発表した5月の独消費者信頼感指数はマイナス8.8で、4月のマイナス6.1から低下した。新型コロナウイルスの感染拡大で行動規制が再導入された影響で、予想外の悪化となった。

消費者の経済見通しと個人収入の見通しは大幅に悪化。購入傾向はやや上向いた。

GfKの研究員ロルフ・ビュルクル氏は「コロナ規制のさらなる緩和と消費再開への期待は著しく後退した」と述べ、今後も景気回復はコロナ感染第3波の影響で遅れるとの見方を示した。

調査は約2000人のドイツ人を対象に行った。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up