January 7, 2020 / 8:57 AM / 10 days ago

東京地検、ゴーン被告の妻キャロル容疑者に逮捕状 偽証の疑い

 1月7日、東京地検特捜部は、保釈条件に違反してレバノンへ出国した日産自動車の元会長カルロス・ゴーン被告(写真左)の妻キャロル氏(写真右)について、偽証の疑いで逮捕状を取ったと発表した。写真は都内で昨年3月撮影(2020年 ロイター/Issei Kato)

[東京/ベイルート 7日 ロイター] - 東京地検特捜部は7日、保釈条件に違反してレバノンに逃亡した日産自動車(7201.T)の元会長カルロス・ゴーン被告の妻キャロル氏について、偽証の疑いで逮捕状を取ったと発表した。

逮捕状によると、キャロル容疑者は昨年4月に行われたゴーン被告の裁判で、日産から資金を受け取った企業の関係者のことを「知らない。面識はない」などと虚偽の証言をした疑いが持たれている。

一方、ゴーン氏の広報担当者は7日、ロイターに対しコメントし、「前回、カルロス・ゴーン氏が記者会見を発表した際には再逮捕された。今回は彼が自由に発言する初めての記者会見を翌日に控え、東京地検特捜部が妻キャロル氏への逮捕状を発行した」と指摘。

キャロル氏については、9カ月前に自発的に日本に戻り、検察の聴取に応じ、何ら罪状もなく自由に移動したと説明した上で、「今回の逮捕状発行は哀れだ」と述べた。

ゴーン被告は8日にレバノンで記者会見を開く。

レバノンの司法当局は、ゴーン被告に関し国際刑事警察機構(ICPO)から逮捕手配書を受け取ったと確認。必要な措置を講じると述べた。キャロル容疑者の逮捕状については、日本の当局から何も連絡はないとした。

こうした中、ゴーン被告が逃亡に利用したプライベートジェット機を運営するトルコの「MNGジェット」は、運航契約費35万ドルのち半分がドバイからAl Nitaq Al Akhadarという会社名義で支払われたと明かした。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below