March 8, 2019 / 8:31 AM / in 2 months

ゴーン被告の保釈条件、罪証隠滅を防ぐ実効性ない=東京地検次席検事

 3月8日、東京地方検察所の久木元伸次席検事は会見で、日産自動車前会長のカルロス・ゴーン被告の保釈条件について、「罪証隠滅を防ぐ実効性はないと考えている」と述べた。写真は都内で6日撮影(2019年 ロイター/Issei Kato)

[東京 8日 ロイター] - 東京地方検察所の久木元伸次席検事は8日の会見で、日産自動車(7201.T)前会長のカルロス・ゴーン被告の保釈条件について、「罪証隠滅を防ぐ実効性はないと考えている」と述べた。

ゴーン被告は昨年11月、会社法違反(特別背任)と金融商品取引法違反(有価証券報告書の虚偽記載)の罪で起訴され、最初の逮捕から108日目となる今月6日、東京地検から保釈された。東京地検は保釈に当たり、住居の出入り口への監視カメラの設置や、事件関係者・日産幹部らとの接触禁止などの条件を定めた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below