March 5, 2019 / 6:51 AM / 3 months ago

検察側がゴーン被告の保釈決定を不服とし、準抗告を申し立て

 3月5日、東京地検特捜部が午後、日産自動車<7201.T>の前会長カルロス・ゴーン被告(64)の東京地裁による保釈決定を不服とし、準抗告を申し立てた。写真は都内で撮影(2019年 ロイター/Issei Kato)

[東京 5日 ロイター] - 東京地検特捜部が5日午後、日産自動車(7201.T)の前会長カルロス・ゴーン被告(64)の東京地裁による保釈決定を不服とし、準抗告を申し立てた。

ゴーン被告の弁護を務める弘中惇一郎弁護士らによる3回目の保釈請求を受け、東京地裁は同日、会社法違反(特別背任)と金融商品取引法違反(有価証券報告書の虚偽記載)の罪で起訴されたゴーン被告の保釈を認める決定をした。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below