January 4, 2020 / 12:52 PM / 21 days ago

ゴーン被告、日産による監視中止の直後に海外逃亡=関係筋

[東京 4日 ロイター] - 日産自動車(7201.T)前会長のカルロス・ゴーン被告(会社法違反の罪などで起訴)が保釈中に海外へ逃亡した事件で、同被告が自身の行動を監視していた警備業者に対して刑事告訴すると警告し、監視が解除された直後に日本を出国していたことが4日、分かった。警備業者は日産が手配していた。複数の関係筋が明らかにした。

 1月4日、日産自動車<7201.T>前会長のカルロス・ゴーン被告(会社法違反の罪などで起訴)が保釈中に海外へ逃亡した事件で、同被告が自身の行動を監視していた警備業者に対して刑事告訴すると警告し、監視が解除された直後に日本を出国していたことがわかった。警備業者は日産が手配していた。複数の関係筋が明らかにした。2019年3月撮影(ロイター 2020/Issei Kato)

関係者らによると、日産によるゴーン被告に対する監視は、保釈中に同被告が外で事件関係者と接触して口裏を合わせたり証拠を隠滅したりするのを防ぐためだった。東京地裁が決めた保釈条件がゴーン被告の外出先での行動すべてを監視できるものではないとして、日産側は警戒していたもようだ。同社広報はコメントを控えた。

ゴーン被告の弁護団の1人である弘中惇一郎弁護士は昨年11月の記者会見で、同被告が何者かに見張られたり、バイクでつきまとわれる状況にあると明かし、精神的なハラスメントで人権侵害にあたるとして対策を検討していると説明していた。

関係筋の話では、その後、警備業者はゴーン被告から刑事告訴すると警告されたことを受け、昨年12月29日にいったん監視を中止した。NHKによると、保釈中の指定住居に設置されたカメラには、ゴーン被告が同日の昼ごろに1人で外出する様子が映っていた。同被告は同日夜、関西空港からプライベートジェット機でレバノンに向かって飛び立ったとみられる。

<ゴーン被告の弁護士、「裏切り」だが「全否定できない」>

弁護団の1人である高野隆弁護士は4日、自身のブログを更新し、ゴーン被告が保釈条件を無視して日本を密出国したことに対する心境を記した。

ブログのタイトルは「彼が見たもの」。弁護団としてではなく、個人的な意見とした上で「ニュースで彼がレバノンに向けて密出国したことを知った。まず激しい怒りの感情がこみ上げた。裏切られたという思いである」と吐露した。

その上で「実際のところ、私の中ではまだ何一つ整理できていない。が、一つだけ言えるのは、彼がこの1年あまりの間に見てきた日本の司法とそれを取り巻く環境を考えると、この密出国を『暴挙』『裏切り』『犯罪』と言って全否定することはできない」などと続けた。

最後は「確かに私は裏切られた。しかし、裏切ったのはカルロス・ゴーンではない」と締めくくった。

(署名の表記を修正し再送します)

白木真紀 取材協力:白水徳彦

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below