April 11, 2019 / 9:40 AM / in 5 months

ゴーン氏は慢性腎不全、再逮捕は違法=弁護団資料

[東京 11日 ロイター] - 日産自動車(7201.T)のカルロス・ゴーン前会長の弁護団は、「違法な」逮捕によりゴーン氏の慢性腎不全の治療が中断されたと主張した。

 4月11日、日産自動車<7201.T>のカルロス・ゴーン前会長の弁護団は、「違法な」逮捕によりゴーン氏の慢性腎不全の治療が中断されたと主張したことが明らかになった。先週の逮捕後に作成された弁護団資料(4月5日付)をロイターが入手した。都内で9日撮影(2019年 ロイター/Issei Kato)

先週の逮捕後に作成された弁護団資料(4月5日付)をロイターが入手した。

前会長の逮捕は弁護準備を阻止し自白を強要するための措置と批判した。

東京地検はコメントを控えている。

地検特捜部は4日、保釈中だったゴーン前会長を会社法違反(特別背任)容疑で再逮捕した。

ゴーン氏は公開された動画の中ですべての嫌疑を否定し、自身は日産幹部によるクーデターの犠牲者と主張した。

弁護団資料は「再逮捕は違法」とした上で、ゴーン氏が高コレステロールの治療の結果慢性腎不全と横紋筋融解症を患っていることを明らかにした。横紋筋融解症は、筋肉をつくっている骨格筋細胞に融解や壊死が起こり,筋肉の成分が血液中に流出する病気。

弁護団は「検察捜査の便宜のために」治療を中断することは「非人道的」と再逮捕を批判した。

弁護団資料には、再逮捕された日(4月4日付)の妻のキャロルさんの供述もある。

キャロルさんは、ゴーン氏が再逮捕された朝、自身の弁護士に連絡するのを地検に阻止されたとしている。

また、何度もボディーチェックをされ、トイレを使用する際は扉を開けたままにするよう指示された。シャワーを浴びる時も、女性の捜査官がそばにいたという。

「こうした非人道的な行動で屈辱を与えられ強要されているように感じた」とキャロルさんは話した。

キャロルさんは、ゴーン氏が再逮捕された後、フランス政府の援助を求めて同国に行っていたが10日に日本に戻った。共同通信によると、東京地裁は11日、キャロルさんの証人尋問を実施した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below