March 8, 2019 / 6:01 AM / 15 days ago

ゴーン被告の変装は失敗、「彼の名声に泥塗った」=高野弁護士

 3月8日、日産自動車の前会長カルロス・ゴーン被告(64)が6日に保釈された際、変装していたことについて、弁護団の1人である高野隆弁護士は、「私の未熟な計画のために、彼が生涯をかけて築き上げてきた名声に泥を塗る結果になってしまった」と謝罪した。東京拘置所を出る同弁護士。6日に撮影(2019年 ロイター/Issei Kato)

[東京 8日 ロイター] - 日産自動車(7201.T)の前会長カルロス・ゴーン被告(64)が6日に保釈された際、作業員姿に変装していたことについて、弁護団の1人である高野隆弁護士は8日、「すべて私が計画した」とした上で、この対応は「失敗した」、「私の未熟な計画のために、彼が生涯をかけて築き上げてきた名声に泥を塗る結果になってしまった」と謝罪した。

高野弁護士は自身のブログで、ゴーン被告を変装させた理由について「素顔をさらして住居に向かったとすれば、間違いなく膨大な数のカメラが、バイクやハイヤーやヘリコプターに乗って彼を追いかけたでしょう」と説明。「彼の小さな住居が、全世界に知れわたる。生活を取り戻すどころか、健康すら損なわれてしまう。彼だけでなく、彼の家族、近隣住民の生活すら脅かされてしまう」と理解を求めた。

そうした思いの中で、保釈時の変装を計画。「私の頭にひらめいた」としつつ、「それは失敗した」と指摘した。

今回の計画に進んで協力してくれた「友人たちには大きな迷惑をかけた。私はたくさんの人に有形無形の損害を与えてしまった」と続けた。

一方、メディアに対しては「どんな著名人にも身近な人と心安らぐ場所、心おきなく疲れをいやす場所が必要」として、取材への配慮を求めた。

ゴーン被告は保釈の際、大きなマスクをつけて黒縁の眼鏡をかけ、水色の帽子と作業服を着用するなどして変装して姿を現し、屋根に脚立を載せるなど工事車両を装った軽ワゴン車に乗り込み、東京拘置所を後にした。

会社法違反(特別背任)と金融商品取引法違反(有価証券報告書の虚偽記載)の罪で起訴されたゴーン被告は、昨年11月の最初の逮捕から108日目となる6日、保釈された。

白木真紀 編集:田巻一彦

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below