for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ゴーン被告の取締役会出席、日産が強く反対=弘中弁護士

 3月11日、会社法違反(特別背任)の罪などで起訴された日産自動車の前会長カルロス・ゴーン被告が希望する12日の同社取締役会への出席について、被告弁護人の弘中惇一郎弁護士は11日夕、記者団に対し、「日産から強い反対があった」ことを明らかにした。東京地裁は11日、ゴーン被告の取締役会出席を許可しなかった(2019年 ロイター/Kim Kyung-hoon)

[東京 11日 ロイター] - 会社法違反(特別背任)の罪などで起訴された日産自動車7201.Tの前会長カルロス・ゴーン被告が希望する12日の同社取締役会への出席について、被告弁護人の弘中惇一郎弁護士は11日夕、記者団に対し、「日産から強い反対があった」ことを明らかにした。東京地裁は11日、ゴーン被告の取締役会出席を許可しなかった。

共同通信によると、ゴーン被告側は取締役会への出席を認めなかった東京地裁の判断を不服として、準抗告した。

弘中弁護士によると、日産側から取締役会の開催の案内を受けたため、ゴーン被告が取締役としての責任を果たすために出席を希望し、証拠隠滅の恐れを排除するため、地裁には「弁護士も同席して出席したい」旨を申し入れた。

一方、日産側は顧問弁護士を通じ、ゴーン被告の出席について「強硬に反対」する意見書を出したという。主な反対理由については、1)現在の日産としては今後のことを決めるのにゴーン被告は出席してもらう必要がない、2)ゴーン被告の出席により、他の取締役が影響を受け、罪証隠滅の恐れがある、3)ゴーン被告が出席すると議論がしにくい――というもので、意見書は日産によるものが5―6ページ、検察側が3―4ページに及んだという。

白木真紀

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up