March 8, 2019 / 4:36 AM / 2 months ago

情報BOX:ゴーン被告の保釈条件、ネットやメールの使用不可など

[東京 8日 ロイター] - 会社法違反(特別背任)と金融商品取引法違反(有価証券報告書の虚偽記載)の罪で逮捕・起訴された日産自動車(7201.T)の前会長カルロス・ゴーン被告は、6日に計10億円の保釈金を納め、東京都葛飾区小菅の東京拘置所から保釈された。東京地裁が定めた保釈条件は、以下の通り。

 3月8日、会社法違反(特別背任)と金融商品取引法違反(有価証券報告書の虚偽記載)の罪で逮捕・起訴された日産自動車の前会長カルロス・ゴーン被告(写真)は、6日に計10億円の保釈金を納め、東京都葛飾区小菅の東京拘置所から保釈された。写真は都内で6日撮影(2019年 ロイター/Issei Kato)

1)住居は東京都内に制限。

2)住居の出入り口には監視カメラを設置。

3)海外渡航を禁止。パスポートは弁護人が管理。

4)2泊以上の旅行は裁判所の許可が必要。

5)携帯電話は通話機能のみ使用可。インターネット、メールの使用は不可。

6)監視カメラの映像や携帯電話の通話先記録を東京地裁に提出。

7)インターネット接続のできないパソコンに限り、弁護士事務所内のみで使用可。

8)事件関係者との接触禁止。

9)日産幹部らとの接触禁止。

10)日産取締役会への出席には、裁判所の許可が必要。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below