for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ゴーン前会長逃亡支援の米親子に実刑、父2年・息子1年8月=東京地裁

[東京 19日 ロイター] - 日産自動車前会長のカルロス・ゴーン被告(67)の国外逃亡を助けたとして、東京地裁は19日、犯人隠避の罪に問われた米陸軍特殊部隊グリーンベレーの元隊員で父親のマイケル・テイラー被告(60)に懲役2年、息子のピーター・テイラー被告(28)に懲役1年8月の実刑判決を言い渡した。

楡井英夫裁判長は判決理由として、両被告が重大な罪に問われているゴーン被告を海外に逃がしたことで「逃亡から1年半が経過しても、(ゴーン被告の)裁判が行われる見込みは立っていない」などと述べ、刑事司法に対する侵害は「極めて大きい」とした。

黒いスーツに身を包み、4人の警護が付いた両被告は、判決が伝えられる約20分間、沈黙し続けていた。

楡井裁判長によると、父親のマイケル被告がゴーン被告の海外逃亡計画を主導し、息子のピーター被告がゴーン被告の荷物を預かり、ゴーン被告が着替えるためのホテルの部屋の鍵を渡すなどしたという。

検察側は、マイケル被告に懲役2年10月、ピーター被告に懲役2年6月を求刑していた。弁護側は両被告が深く反省していること、身柄拘束期間が米国も含めて長期にわたっていることなどを理由に執行猶予付きの判決を求めていた。

マイケル、ピーター両被告は6月14日の初公判で起訴内容を認めており、被告人質問のあった同月29日にはゴーン被告の日本出国を手助けしたことについて「深く後悔している」などと述べ、涙ながらに謝罪した。

起訴状によれば、両被告は2019年12月29日、会社法違反(特別背任)の罪などで起訴されたゴーン被告が保釈条件として海外渡航を禁止されていたにもかかわらず、ゴーン被告を音響機材用の箱に隠し、プライベートジェット機で関西国際空港からトルコ経由でレバノンに逃亡させたとされる。

検察によると、両被告は、前会長から海外逃亡の報酬として約130万ドル、弁護士費用として約50万ドルを受け取っている。両被告は14日以内に判決を不服として控訴することができる。

ゴーン被告は現在、幼少期の故郷であり、日本と犯罪人引き渡し条約を結んでいないレバノンで逃亡生活を続けている。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up