January 4, 2019 / 9:02 AM / 3 months ago

東京地裁、8日午前にゴーン容疑者の勾留理由開示へ

 1月4日、東京地裁は日産自動車の前会長、カルロス・ゴーン容疑者が求めていた勾留理由の開示について、8日午前10時半から同地裁の425法廷で行われることを明らかにした。写真はゴーン容疑者が勾留されている東京拘置所。昨年12月撮影(2019年 ロイター/Kim Kyung-Hoon)

[東京 4日 ロイター] - 東京地裁は4日、日産自動車(7201.T)の前会長、カルロス・ゴーン容疑者が求めていた勾留理由の開示について、8日午前10時半から同地裁の425法廷で行われることを明らかにした。

国内報道機関によると、ゴーン前会長自身も出廷する意向を示しているという。

勾留理由を明らかにする手続きは、刑事訴訟法や刑事訴訟規則により、請求があった日から原則として5日以内に公開の法廷で行われる規定になっており、ゴーン前会長が公開の法廷でどのような主張をするのか注目されている。

ゴーン前会長は昨年12月21日、会社法違反(特別背任)容疑で再逮捕された。東京地裁は昨年12月31日、勾留延長を1月11日まで認める決定を下した。

ゴーン前会長は昨年11月19日の逮捕以来、身柄の拘束が1月11日まで54日間続く見通しとなっている。

田巻一彦

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below