for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米ギブソンが破産法申請、中核事業のギター製造などに注力へ

[1日 ロイター] - ギター製造で知られる米大手楽器メーカーのギブソン・ブランズが1日、米連邦破産法11条の適用を申請した。債権者らによる新たな体制の下、楽器事業を再編する計画だという。

B・B・キングやエルビス・プレスリーなど多くのアーティストがギターを愛用したギブソンは、海外で家庭用電子機器事業を買収したことなどで5億ドルの負債を抱えている。

デラウェア州の破産裁判所に提出した資料によると、同社は海外電子機器事業を縮小し、中核のギター製造と音響事業に注力するとしている。

同社によると、電子ギターの販売は今年1月までの1年間に10.5%増の1億2200万ドルに拡大しているという。

1894年創業のギブソンは、米国内の工場で電子ギターとアコースティックギターを製造、世界80カ国以上で年間17万本超を販売している。

*写真を付け、カテゴリーを追加します。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up