for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米ギリアド、7─9月収益は予想超え コロナ薬減収もHIV薬堅調

米製薬会社ギリアド・サイエンシズが27日発表した第3・四半期決算は、売上高が前年同期比5%減の70億ドルとなったが、リフィニティブがまとめた市場予想61億2000万ドルは上回った。写真は2020年4月、カリフォルニア州オーシャンサイドで撮影(2022年 ロイター/Mike Blake)

[27日 ロイター] - 米製薬会社ギリアド・サイエンシズが27日発表した第3・四半期決算は、売上高が前年同期比5%減の70億ドルとなったが、リフィニティブがまとめた市場予想61億2000万ドルは上回った。1株当たり調整後利益は28%減の1.9ドルだったが、市場予想1.43ドルを上回った。

売上高はエイズウイルス(HIV)治療薬が価格引き上げなどで7%増の45億ドル、がん治療薬「トロデルビー」が78%増の1億8000万ドルと好調。新型コロナウイルス感染症の抗ウイルス薬「レムデシビル」が52%減の9億2500万ドルにとどまったのを穴埋めする形になった。レムデシビルの売上高も市場予想3億2800万ドルよりは上回った。

全体の1株当たり純利益は前年同期の2.05ドルから1.42ドルに減少した。

今年通年の売上高見通しは245億─250億ドルから259億─262億ドルに、1株当たり調整後利益見通しは2.90─3.30ドルから3.35─3.55ドルにそれぞれ引き上げた。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up