January 14, 2020 / 1:54 AM / 14 days ago

気候変動と森林火災の因果関係「疑いようない」=英研究者

1月14日、英国の研究者チームは57本の科学論文を総説し、気候変動が全世界における森林火災のリスクを高めていることは「疑いようがない」と結論づけた。写真はオーストラリアの森林火災の衛星写真。2019年12月撮影(2020年 ロイター/EUROPEAN UNION, COPERNICUS SENTINEL DATA)

[ロンドン 14日 ロイター] - 英国の研究者チームは57本の科学論文を総説し、気候変動が全世界における森林火災のリスクを高めていることは「疑いようがない」と結論づけた。豪政府は同国で続く深刻な森林火災について、地球温暖化との直接の因果関係を否定し、批判を浴びている。

同チームは、地球温暖化が原因で暑く乾燥した気候が世界で拡大し、森林火災が起きやすい環境を作っていると指摘。

研究者の1人、インペリアル・カレッジ・ロンドンのイアン・コリン・プレンティス氏は、気候変動と火災リスクの因果関係は「全く疑いようがない」と述べた。

「オーストラリアは目に見える形で気温が1度あまり上昇してきた。火災発生は温度の影響を大いに受けている」とトムソン・ロイター財団に語った。

豪州は世界の温室効果ガス排出量に占める割合が1.3%にとどまる一方で、国民1人当たりの排出量は米国に次ぎ世界第2位だ。

57本の論文の総説の共著者で英ハドレー気候予測センターの研究員、リチャード・ベッツ氏は「森林火災を呼ぶ気候は自然には発生しないが、気候変動の影響でより厳しく広範なものになっている」と分析。「世界の気温上昇を2度を十分下回る水準にとどめることが、異常な火災気象リスク増大の阻止につながる」とした。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below