October 25, 2019 / 12:22 AM / 20 days ago

世界の自動車M&A、第3四半期は額、案件とも大幅減=PwC

[24日 ロイター] - 監査法人プライスウォーターハウスクーパース(PwC)が24日公表したリポートによると、世界の自動車セクターにおける第3・四半期の合併・買収(M&A)案件は総額70億ドルと、前年同期の180億ドルから大きく落ち込んだ。

案件数は197件で、16.5%減少し、7四半期ぶりの低水準となった。

大型案件はほとんどない状況で、韓国の現代自動車グループと米自動車部品・自動運転技術大手アプティブ(APTV.N)の合弁会社設立(16億ドル)が最大の案件となった。

年初来では案件数は24%減の604件、総額は310億ドルと半減。

ドイツの自動車部品メーカー、ZFフリードリヒスハーフェン(ZF)[ZFF.UL]による3月の米同業ワブコ・ホールディングス(WBC.N)買収(74億ドル)が今年の最高額となっている。

PwCは、企業がこれまでに取得した事業の発展に注力しているとした上で、戦略的投資家や機関投資家は買収意欲を維持しており、より魅力的な資産が取得可能になれば、M&Aは回復する可能性があるとの見方を示した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below