Reuters logo
来年は金融緩和終えん、銀行株やTIPSに投資妙味=BAML
2016年11月21日 / 22:46 / 1年前

来年は金融緩和終えん、銀行株やTIPSに投資妙味=BAML

[ロンドン 21日 ロイター] - バンク・オブ・アメリカ・メリルリンチ(BAML)は、2017年は世界的な金融緩和の流れが途絶え、35年続いた債券の強気相場も終わりを迎えるとの見方を示した。

先進国で2006年以来初めて大規模な金融緩和の実施がなくなり、今後は格差解消を目指す政府の財政政策が世界経済への刺激を提供するとした。

BAMLは「過剰流動性の時代は終わる。市場は来年、2006年以来初めて金融緩和の恩恵を受けない公算が大きい」と分析。

米連邦準備理事会(FRB)は利上げを実施する一方、日銀や欧州中央銀行(ECB)はマイナス金利政策を撤回するだろうとした。

「金利やインフレは上振れする可能性がある」とし、米国の名目成長率は3%から4%に、米国以外は6%から7%に加速するとの予想を示した。

2017年はデフレや貿易、世界的な低金利政策が追い風となっていた資産が売られ、中でも債券が最も打撃を受けるだろうと指摘。半面、銀行株、インフレ指数連動債(TIPS)、米住宅建設銘柄はアウトパフォームするとの見方を示した。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below