March 19, 2018 / 2:40 PM / in 8 months

日銀とECBの正常化、米FRBより3年遅く=BAML

[ニューヨーク 19日 ロイター] - バンク・オブ・アメリカ・メリルリンチ(BAML)は19日、日銀と欧州中央銀行(ECB)が政策正常化で、米連邦準備理事会(FRB)より約3年遅れているとの見方を示した。

グローバル・エコノミストのイーサン・ハリス氏が調査メモをまとめた。日欧のインフレが予見可能な将来、目標の2%を下回り続ける公算が大きいと分析した。

利上げ時期はECBが2019年以降、日銀は20年以降と予想した。日銀は長短金利操作(イールドカーブコントロール、YCC)の調整を控えめに行うにとどまると見通した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below